개인정보처리방침

닫기

이메일무단수집거부

닫기

ダブルブロック & ブリードボールバルブ

QUBLOCKのボールバルブには、長年わたる日本の技術が凝縮され、さらに高度な生産技術のイノベーションによって性能と品質が安定し、プラントの効率化と安全操業に貢献しています。

Product Range

Rating Class150 – 2500#, JIS10K – 63K
Size 1” – 40” (25A – 1000A)
Temperature up to 800 deg-c (1,470 °F)
Leakage Rate API598, Tight Shut Off
Design Code API608, ASME B16.5, ASME B16.34, ASME B16.10, MSS SP-72, ISO5211, ISO5752, API 6D

DBBバルブは基本的にはAPI 6Dで定義されているバルブで、確実なアイソレーション(完全遮断)を提供することを目的としています。従来は、2台の遮断バルブと1台のブリードバルブを使用してダブルブロック&ブリードシステムを配管上で設計しますが、QUBLOCKのDBBボールバルブを使うことによって、1台のDBBVと1台のブリードバルブでシステムを組むことができます。

これは、スペース、重量、設置時間を低減させ、特に特殊材料を使用するケースでは、大幅なコストダウンが可能になります。しかし、最大のメリットは、シンプルな配管設計によってリークの潜在的なリスクを低減し、安全性を高めることにあります。また、完全遮断は、下流配管のプラントメンテナンスにとって重要な役割を果たします。

  • Space Saving (省スペース)
    単体でダブルブロック機能を持つQUBLOCKのDBBVは、従来のボールバルブと同じ面間寸法なので、2台を配管する従来のダブルブロックシステムより、配管作業を軽減することができ、配管スペースも最小限に抑えることができます。
  • Weight Saving (軽量化)
    従来からの2台の遮断バルブを使用するダブル·ブロックシステムと比較すると、配管スペース以上に、重量に関しても大幅な軽減が可能になります。 これは、建設コスト面でも無視できない大きなメリットです。
  • Intrinsic Safety (Reduced Leak Paths, Double Isolation)(本質的な安全性)
    2台の遮断バルブを使用するダブルブロックシステムと比較して、1台の方が、配管接合の箇所が減り、潜在的な外部リークのリスクを低減できて、よりプラントとしての安全性が増します。